FC2ブログ

Deathrash Armageddon お知らせ/新入荷他

Deathrash Armageddon(レーベル)のお知らせ、新入荷/再入荷情報他をアップしていきます。

新入荷&再入荷!!! Wraith - Absolute Power CD / Evil Whiplash - Beyond Dimensions CD 

20210412-1.jpg
Wraith - Absolute Power CD 1500円
アメリカ Thrashing Cult Records
再入荷!!!
これは頭からケツまでかなりご機嫌なスピードメタル/スラッシュで、LPも出てUS盤CDも出て、さらにこのアジア盤CDも出るというのも頷けますね!
そしてさらに嬉しいことに、このアジア盤は2017年のWraith EPの8曲も追加収録!
車で遠出の時にこういうの鳴らしながら走ると気持ちいいんですよね
@Metal-Archives

20210412-2.jpg
Evil Whiplash - Beyond Dimensions CD 1500円
コロンビア Iron, Blood & Death Corp.
2021年4月現在で3rdアルバムまで出ていますが、これは2015年2ndアルバム
中々にチョリチョリなギターと、ヘヴィネスというよりも全体的に高音域を強調した音作りで、
なんとなくヒステリックな緊張感といいますが、同系列のバンドよりも面白い独自色が有ります
コロンビアはこの手のスラッシュメタル排出量がかなり多くなりましたね!
@Metal-Archives
Facebook
スポンサーサイト



新入荷!!!! Despise the Sun Records 

20210411-5.jpg
Burial -The Aeons Of Horror CD 1600円
イタリア Despise the Sun Records
同名バンドが多くてアレですが、これはイタリアの現行デスメタルバンド
2016年のデモ、2019年のEP(テープだったようです)、そして2019年のデモを収録した編集盤CDです
スウェーデンやフィンランドのデスメタル直系のHM-2 buzzsawサウンド全開!
ロゴやアートワークもバッチリなので、フルで早く出してほしいところですね
@Metal-Archives
Facebook

20210411-2.jpg
Maleficarum - Unblessed vol. 2 CD 1600円
イタリア Despise the Sun Records
ディスコグラフィー盤第2集です。
第1集もまだ在庫有りますので、合わせてどうぞ!
これは97年のMaleficarum デモと、2002年の2ndアルバムUnder the Crossを収録!
@Metal-Archives
Facebook

20210411-1.jpg
NOIA - Iron Death CD 1600円
イタリア Despise the Sun Records
2018年5thアルバム
ちゃんと聴くのは今回が初めてかも?
デモとかsplitとか出さずに、アルバムだけ5枚出してるんですね?ちょっと珍しい出し方ですね
ついでなのでBandcampでちょっとづつ1stから聴いてみました
1stは少々グダグダな印象ですが、2ndで一気に極悪な感触になるんですね!
1stの方がいいという方もいるかもしれませんが、それはちょっと大人すぎます(笑)
2ndはRavishing Grimness以降のようなDarkthroneとでもいうのかな?かなり極悪ですね
3rdでメタルパンク、Motorhead色がグッと濃くなり、言っちゃうとDarkthroneの変化と同調かな?
4thではさらにドライヴィンな感覚に磨きがかかっています。
内容、いいなぁ!
さてそしてこの5thアルバムです。4thアルバムの極上ドライヴィンな感触がMotorheadというよりもオールドスクールなスラッシュメタルに移行していて、
この5枚の変化、そして内容は見事です。
Aura NoirやInferno、Deathammerみたいなノルウェギアン・スラッシュに近づいてる感じとでもいうのかな?
繰り返しですが、内容、非常にいいです。もうちょっと枚数入れてもよかったかな?
@Metal-Archives
Facebook

20210411-4.jpg
AIWAZ - Dreams of Ancient Gods CD 1600円
イタリア Despise the Sun Records
94年にプロモテープだけを残して解散したバンドのようですが、これはそのプロモと95年にリリース予定だったRemote Atavism EPの音源を収録しています。
これが中々に驚きのかっこよさで、当時EPをリリースしてアルバムを作っていればと妄想せざるをえませんね
怪奇的なリフワークとリズムと、凶悪なボーカル、そしてミスティックなコンセプトの組み合わせが中々に強力です!
9曲収録ですが、94年のプロモって最後の3曲(約14分)なんですよ
その他の6曲(約21分)はドラムの音に少々クセがあるものの、ちゃんとしたレコーディングなので、プロモの部分も含めて音質的にも全く問題無しです
音質悪いリハとかライブなどではありません
オススメ!
@Metal-Archives
Facebook

20210411-3.jpg
Fingernails - Fingernails CD 1600円
イタリア Despise the Sun Records
おっと!これはナイスリイシューでっす!
前の入荷は南米盤CDでしたね
これは本国イタリアからのリイシューとなります
南米盤と比べるとボーナストラックは減っていますが、ボーナストラックの内容が変わっています。
88年のリリースの1stアルバムで、Motorheadの影響色濃い檄シブ80’sイタリアン・スラッシュメタル・クラシックですね!
オフィシャルのBandcampもデモとか色々アップされてて、必見ですよ
ボーナストラック無しで、写真を充実させたLP再発なんか出ないもんかなぁ!
@Metal-Archives
Facebook

20210411-6.jpg
Barbarian - Barbarian CD 1600円
イタリア Despise the Sun Records
Hell’s Headbangersからアルバムも出してるし、Children of Technologyのメンバーも在籍ということで、日本でも知名度の高いバンドだと思います
アルバムは4枚出していますが、これは2011年の1stアルバムで、アナログはDoomentiaからでした
スタイルとしてはHellhammerウォーシップですが、演奏のポテンシャルが高いので、あーはいはい、そういうのねでは終わらない凄みが有ります
バンドのリリース全体として美的感覚というかプロデュース力高いですね
@Metal-Archives
Facebook

新入荷!!! Bestial Summoning CD / Nominon CD 

20210410-2.jpg
Bestial Summoning - The Dark War Continues CD 1600円
オランダ Bloody Productions
The Dark Was Has Begun CDのSupremacy Through Intolerance盤が売り切れちゃったなぁと思ったら、Bloody Productionsがいい具合にこのThe Dark War Continues CDを再発してくれました!
カルト・ダッチ・ブラックメタルというか、もうカルトメタルクラシックですね
このThe Dark War Continues CDは1stアルバムThe Dark Was Has Begun、5曲がLive In Venray 7'としてリリースされた92年のライブ7曲、91年のリハ音源1曲の合計20曲入り!
これ聴くといつも思うのですが、もしDeadが死なずにスタジオアルバムを何枚か残してたら、こういう感じなのかなぁ
ベスチャルでぶっきらぼう、いきっぱなしのボーカルがとにかく強烈です
MayhemのLive in Leipzigが好きな人は是非是非聴いてほしいと思います
まぁ、そもそも1stアルバムのThe Dark Was Has BegunはDedicated to Deadのようですしね
名盤!
@Metal-Archives

20210410-1.jpg
Nominon - Diabolical Bloodshed CD(+2 Bonus tracks)(Bloody Productions) 1600円
スウェーデン Bloody Productions
1999年リリースの1stアルバムで、最初も中々に繰り返されているし、名盤扱いでいいと思います。
Deathgasm盤CDが今現在ラスイチ在庫有りますが、これは2020年、スペインのBloody Productions盤。
オリジナルは8曲入りで、これはボーナストラックが2曲追加して10曲入りとなっています。
この10曲仕様はこれと同じく2020年のブラジル盤しか無く、過去のCDやLPで持ってる人もチェックをお願いしています。
録音具合とか空気感が今聴くと、90年代というか最新のやつとはやはり一味違いますねぇ〜
ヘビのように黒光りしてグルーミーにトグロを巻く感じがグロテスクなデスメタルでっす!
@Metal-Archives
Facebook

新入荷!!!!! Lower Silesian Stronghold 

20210327-1.jpg
Sacred Dominions - As They Rode Through the Land of Our Pagan King デジパックCD 1800円
イギリス Lower Silesian Stronghold
2021年4曲入りミニアルバム
すいません、入荷数が少ないのもあって、自分の分確保しないで出しちゃいます
その分、現物で聴けてません
metal-archivesによるとヒーゼン/バトル・アンビエントプロジェクトとしてスタートしたけど、ダンゲオン・シンセなんかじゃないぜ!という事云々有りますが、
レーベルサンプルが1曲だけなんですがシンセミュージックじゃなくてちゃんとブラックメタルです
ハーシュでヒリヒリした感触が核となって、そこにシンセも入っていますが、別にシンセ云々はいいでしょ、これ。
でもYoutubeで過去作品聴くとガッツリシンセで作ってるのか….
今作はどうなってるんでしょう?
メタルの曲もシンセの曲もどっちもかっこいいので、どっちでドンと来い!という方、どうぞ!
@Metal-Archives

20210327-2.jpg
Sacred Dominions / Hadak Ura - Split デジパックCD 1800円
イギリス/アメリカ Lower Silesian Stronghold
すいません、入荷数が少ないのもあって、自分の分確保しないで出しちゃいます
その分、現物で聴けてません
metal-archivesによるとSacred Dominionsはヒーゼン/バトル・アンビエントプロジェクトとしてスタートしたけど、ダンゲオン・シンセなんかじゃないぜ!という事云々有りますが、レーベルサンプルが1曲だけなんですがどっちのバンドの音源なんだろ?
それはシンセミュージックじゃなくてちゃんとブラックメタルです
Sacred Dominionsは同時入荷の「As They Rode Through the Land of Our Pagan King」CDを参照して欲しいのですが、Hadak UraはBandcampで他の作品聴けました。
これは随分重心が低いというか、精神の底ギリギリのような形容のしようのない絶望感が充満したアトモスフェリックでペイガンなブラックメタルです。
Sacred Dominions@Metal-Archives
Hadak Ura@Metal-Archives
Hadak Ura Facebook

20210327-3.jpg
Aryman - ...i nienazwanych Dyjabłów CD 1600円
ポーランド Lower Silesian Stronghold
2020年3rdアルバム
メランコリックだけどザラザラのギターワーク、そしてこれまたザラザラのボーカル、そして全体的な演奏、楽曲、プロデュース力、全部高いです!
全体的にスピードに頼らないスタイルも実力が伴わないと、ダラダラしちゃいますが、これは違います。
こういう非英語圏のバンドのボーカルは、人によって英語がいい、いや母国語で歌う方がいいと分かれるかもしれませんが、このバンドの場合はポーランド語で歌っているようですが、全体的にポーランド語の語幹が出ているのではなく、ポイントで非常に上手くポーランド語感が出てるので、結構どちらの意見の方にも楽しんでもらえるのでは?
ギターのメランコリックさとボーカルのザラザラ感がとにかく絶妙です。
オススメ!
@Metal-Archives
Facebook

20210327-4.jpg
Ovader - Wotankult CD 1600円
ブルガリア Lower Silesian Stronghold
2020年1stアルバム
1人バンドのようですが、演奏、録音も文句無し!
リフや楽曲もエッジがバリッと立っててかっこいいやつです。
なんかのアルバム聴いてやってみました/真似してみましたという感じじゃなくて、トラディショナルメタルルーツなのかな?
ただ単にペイガンっぽいメロディでやってみましたでは到底ここまでできるはずもありません。
レーベルやタイトルでビビッと来た人も、レーベルやタイトルで守備範囲外かな?と思った人にも両方オススメできる好内容でっす!
@Metal-Archives

20210327-5.jpg
Dark Fury - On the Trail of a Victor 2枚組CD 2500円
ポーランド Lower Silesian Stronghold
2020年リリースの2枚組ライブアルバム!
ディスク1は2017年9月イタリア、つまりアルバムで追うとThis Story Happened Beforeの後、7’インチですがGoatmoonとのsplitと同年。
おそらくデジタルのレコーダーの、サウンドボードじゃない、いわゆるオーディエンス録音的な感じです。
当たり前ですが、ズタボコに何やってるかわかんないような録音ではないですが、ハイエンドな録音でもないです。
正直な話、客の声がずっと入ってて、ディスク1はマニア向けかな
ライブ中にベチャベチャしゃべってる奴、何なの?
ディスク2は2011年9月ドイツ、アルバムで追うとSaligiaとW.A.R.の間となります。
ディスク1を聴いてからこれ聴くと、空気感の差が歴然ですね
録音の感じはディスク1よりもちょっと力強く、これは演奏もなのかな?
何より客の余計な話し声が無いので、バンド本来の姿を堪能出来るのはこっち。
ネットだYoutubeだと言っても、こういうバンドのライブは本当にレアなので、このディスク2のためにコレクションに差しましょう!

*Dark Furyは過去作品も在庫有りますので、ウェブストアで検索をお願いします!

@Metal-Archives

20210327-6.jpg
Severe Storm - The Awakening デジパックCD 1800円
ポーランド Lower Silesian Stronghold
2019年2ndアルバム!
Dakrer Than Blackからの1stアルバムや、Slavecrushing Tyrantとのsplit CDもまだ在庫有るので、下にリンク貼っておきます。
今作も凄い爆発力で、ん〜、寒々しさは無いので猛吹雪ではないのですが、強烈な爆風とでも言うのでしょうか?
この手を積極的に追っかけてるわけではない素人の例えですが、Old WaindsやBlaze Birth Hallバンドみたいな強烈なインテンシティが武器になっているけど、
核はいかにもポーランドのブラックメタルというような印象です。
これが違うベクトルに行くと、Thunderboltみたいになる気もします。
オススメ!

Severe Storm - Follow the Path of Darkness CD


Severe Storm/Slavecrushing Tyrant - We Will Drown The Dawn in Blood CD

@Metal-Archives

20210327-7.jpg
Ohtar - Emptiness CD 1600円
ポーランド Lower Silesian Stronghold
2019年5thアルバム
演奏の説得力が凄いですね
さすがにベテランバンド、日本でもOhtarやDark Furyは追っかけてるファンがいると思いますが、今作もさすがとしか言いようが有りません。
このアルバムだけ聴いてもどうかな、それももちろんいいんだけど、やはりこの辺は過去作品からある程度順を追って聴いた方がいいと思います。
これ聴いてから最初に戻るでもいいけど。

Ohtar / Dark Fury - Necrohate/Auri Sacra Fames CD

@Metal-Archives

20210327-8.jpg
Wolves Eyes - Remembrance of Pagan Heroes デジパックCD 1800円
イギリス Lower Silesian Stronghold
Darker Than Blackからのリリースも有るため、こっち系ファンはチェック済みのバンドでしょうか?
今回初めて聴きましたが、驚くほど初期Gravelandのような極悪ブラックメタルで、これは悶絶!
過去リリースはデモやsplitがほとんどで、アルバムがまだ無いため、今から遡って集めていくのは少々難儀ですが、
これを機に定期的にトレードしてくれるLower Silesian Strongholdからアルバムを出してもらいたいものです
限定300枚
@Metal-Archives

新入荷!!!!! Harvest of Death/Signal rexリリース! 

Signal rex/Harvest of Deathのリリースは入りませんか?というリクエストを受けて、挑戦してみました!
日本にはほとんど入ってきていないようですが、むむっ!!となる方がどれくらいいるでしょうか?
かく言う私はほぼほぼ未チェックで、今回未入荷ですがMons Venerisなどのリリース情報を見ては、そういうの出てるのか〜欲しいなぁくらいで止まっていました。
何しろネックはポルトガルの関税のようで、以前、ポルトガルのバンドにリリースを打診したこともあるんですが、ギャラ分受け取る時に高い税金がかかるから無理と言われたくらいで、いつもDeathrash Armageddonで入れているようなトレードベースのレーベルが非常に少ないんですねェ〜
好評ならまたタイミングをみて入荷させようと思います。
今まで未チェックの方も、今回入荷分、どれも内容イイのでこの機会にぜひチェックしてみてくだっさい!

20210326-1.jpg
V.A - Night of Consecration テープ 1000円
エクアドル/エクアドル/エクアドル/? Harvest of Death
収録バンド:Wampyric Rites / Satanic Count / Winterstorm / Demonic War
Demonic Warだけmetal-archives未掲載ですが、レーベルサイトで確認するとこれはエクアドルのバンドを各2曲づつ集めたコンピレーションとの事です。
いやいや、しかし、エクアドルってこんな事になってるのかっ!!
どうやらPure Raw Underground Black Metal Plagueなる地下サークルがあるようで、これに収録のWampyric RitesやWinterstormなどが参加しているようですが、
Satanic WarmasterやDrowning The Light、そしてBlack Legionsマニア、ド・ド・ド・ストライクなやつ、しかも単なる雰囲気だけのやつじゃなく、バーーーーーリバリにかっこいいやつじゃないですかー!
なるほど、ポルトガルはレーベルのSignal Rex、そしてエクアドルのこの辺のバンド、これはなるべく食らいついていきたいところですね
@Metal-Archives

20210326-3.jpg
Wampyric Rites - Rehearsal MMXX テープ 1000円
エクアドル Harvest of Death
今回の入荷で初めて聴いたバンドですが、バンド名、写真、アートワークから漂うヤバ臭以上に凄いオーラがそのサウンドに充満するバンドです。
2019年からすでにデモやらsplitやら結構な数出てますが、チェックしてこなかったのが非常に悔やまれます。
同時入荷のV.A - Night of Consecration テープに収録された音源はちゃんとしたレコーディングでかなりのクオリティでしたが、このテープはさすがにリハ音源(約36分)という事で、非常にロウで極悪!!
やっぱこういう音の方がいい!という方も少なくないのでは?
でも、まじでこれで南米なんだ!?
凄いです!
@Metal-Archives

20210326-2.jpg
IRAE - Korona Winter Rehearsal of Darkness & Evil, テープ 1000円
ポルトガル Signal Rex
Mons Veneris, Decrepitude, Vetala, Rainha Cóleraと共にポルトガルのthe Black Circleのブラックメタルバンド。
ちょっと前に入荷して大好評だったKommando Baphometにも参加しているVulturiusの一人バンドです。
BathoryのThe Return of Darkness and Evilのカバーを含む8曲入り
タイトルからするとリハ音源なんだろうけど、レコーディング具合はクリアで分離のいい録音です。
マルチトラックのラインかな?それがテープフォーマットで非常にいい質感の音です。
これがブラックメタルとしか説明のしようのない、ストレートなブラックメタル、斯くあるべし!という感じのスタイルです。
限定150本!

2008年の2ndアルバムも在庫有り!
IRAE - Hellnation CD

2020年5thアルバムも同時入荷!
IRAE - Lurking in the Depths デジパックCD

@Metal-Archives
Facebook

20210326-5.jpg
IRAE - Lurking in the Depths デジパックCD 1800円
ポルトガル Signal Rex
スタジオアルバムとしては5thアルバムとなる2020年作品。
これはまた恐ろしくシブいブラックメタルで、Satanic WarmasterやGoatmoon、Drowning The Lightが好きな方、チェックお願いします!
リフや楽曲の呼吸の深さはそういった一級のカルトバンドに完全に匹敵したモノがありますっ!

2008年の2ndアルバムも在庫有り!
IRAE - Hellnation CD

Korona Winter Rehearsal of Darkness & Evil, テープも同時入荷!
IRAE - Korona Winter Rehearsal of Darkness & Evil, テープ

@Metal-Archives
Facebook

20210326-4.jpg
Ordo Cultum Serpentis - Derej Najash テープ 1000円
メキシコ/韓国 Signal Rex
今回入荷分、外カバーがついてシールドされて届いています。
限定100本のようですね
これが最初の音源リリースのようですが、内容、これ極悪!
アンビエントパートと暗黒ブラックドゥームとで構成されていて、かーなりヤリまっす!
最初のデモ(?)でこんなにハイクオリティな内容とアートワークなら、フルアルバムに期待してしまうのが人というものでしょう!
オススメ!
@Metal-Archives

20210326-9.jpg
Orgy of Carrion - Blood Washed Away The Grave Purity CD (A5デジパック) 1800円
アメリカ Signal Rex
不勉強でお恥ずかしい限りですが、これも初めて聴きました。
すでにアルバムもデモやsplitのリリースは結構有り、アルバムも4枚リリースしており、これは2017年の3rdアルバムA5デジパックとなります。
ローファイな録音、叫びっぱなしのボーカル、凄まじい憎悪の塊のような音源です。
ぶっきらぼうなアートワークもかなり頑なな姿勢の現れに感じます。
これも凄い…..!
@Metal-Archives

20210326-7.jpg
Pantheon of Blood - Voices Rooted in Blood CD 1600円
フィンランド Signal Rex
metal-archivesの似てるバンドのトップがSaturnian Mistとなっているのですが、メンバー全員元Saturnian Mistです。
2010年のPantheon of Bloodデモ、2011年のConsociatio Solis et Lunae 7’インチ、Creaturaとのsplit 7’提供曲、そしてPurgatorial Awakening(これはテープ?)までを収録した編集盤。
TetrasomiaというMCDの音源だけ収録していないで、他は全て収録とも言えます。
さて、デモ音源云々と言っても南米のデモとか、リハ録音みたいなのではなく、ちゃんとレコーディングしたものだし、楽曲や演奏もかなり完成されているのはそりゃそうか。
このジャケットからはちょっとすぐ思い浮かばないけど、ハーシュでメロウなユーロブラックメタルで、やはりフィンランドのバンドらしさも十二分に充満しています。
@Metal-Archives