FC2ブログ

Deathrash Armageddon お知らせ/新入荷他

Deathrash Armageddon(レーベル)のお知らせ、新入荷/再入荷情報他をアップしていきます。

出し忘れでどーん! 

えー、新入荷というか、積もった紙類をどけたらカート未アップのCDが出てきました(汗)
すません!

20190402s - 7
Legion - Ocaso de la Luz CD 1500円
エクアドル Tanatofobia Productions
98年のデモテープをCD化したものですが、エクアドルのブラックメタルバンドとしてはちゃんと一般販売する、流通させるという意味において最初のリリースとなるそうです。
このデモの前にプロモというのがあるようですが、それは文字通りプロモ用だったのでしょう。
90年代のバンドらしく、白塗りとハーシュなボーカルです。
Venom、Bathoryではなく、ノルウェーのブラックメタルやそれに呼応したような世界中の似たようなバンドに影響を受けて作られたのでしょう。
Nebirosの7’やLPが94年、95年だからコロンビアや、ペルーなどからの影響もあるかもしれません。
ただドロリとした感触はどうしてもNebirosを思い起こさせますね。
それからこのCDは間違って2箇所同時に発注しちゃってたんですが、困ったことに一方は帯有り、一方は帯無しで届いています。
画像に写ってるどう梱包&保管すりゃいいんだ?というナンバリングの入った紙はどちらも付属します。
まず帯有りをカートにアップしますので、帯有りが売り切れたら別途帯無しをアップします。
帯付きは売り切れるという前提で行かせていただきまっす!
@Metal-Archives

20190402s - 2
Argentum - Ad Interitum Funebrarum CD 1500円
メキシコ Reborn Records
オリジナルは96年にFull Moon Prodからリリースされたカルト大名盤の2016年Reborn Rec再発盤。
アートワークは新装されています。
で!これ、もーのーすごくかっこいいです!
キーボードも導入したオカルト/ゴシック・ドゥーム・デスと言っていいのかな?
ボーカルのスペイン語の語感を除いては、中南米臭は有りません。
こんなに凄いのに未LP化ということで、一瞬イったろか?と思いましたが、60分以上のアルバムなので2枚組になるんですね。
だからまだどこもLP化に手を出してないんだと思います。
この内容で2枚組とかならCryptとかLPで出してくれないだろうか?と、そんな内容の凄さです。
オススメ!!!!!!!
@Metal-Archives
Facebook

20190402s - 4
Vomit of Doom / Destroyer Attack - Invocations from the Abyss CD 1500円
アルゼンチン/エクアドル Tanatofobia Productions/Iron Goat Commando
ウォー/ベスチャル・ブラックメタルマニア、特に南米ファンは悶絶級のsplitでっす!
どちらのバンドも、まー!極悪!!
特にVomit of DoomはDeathrash Armageddonからも7'出てたし、もうチェック済みですよね?
これは音的には説明不要でしょう。
ディスクに3箇所ほど傷が入ってるのですが、全てのディスクに同じ傷があるので、傷というかプレス時のプレスマークなんでしょう。
ま、その辺も含めて南米です。オーライ。
Destroyer Attack@Metal-Archives
@Metal-Archives
Facebook

20190402s - 6
Virgin Killer - Virgin Killer CD 1500円
コロンビア Tanatofobia Productions/Iron Goat Commando
バンド名からはスコーピオンズを思い浮かべちゃいますが、実際の音はメチャクチャに漢臭いスピード/パワーメタル!
ドラムとかボーカルはもうムチャクチャに押せ押せ!
音程がどうのとかもうヘッタクレも無し!
そこにチロチロの手数が多いパワーメタルなリフに、ベースが無理やりついていきます。
ドラムとかクセが強いし、シャバ増には理解不能だろうけど、これが南米だよ、バカヤロー!
そして驚くことにReencarnacionのカバーやってるんですよ。これが中々ミラクルにハマってまっす!
南米マニアというか、コロンビアと聞いてビビッと来ちゃう方、どうぞ!
ジャケもこんなだしね。
*ディスクにスレあり
@Metal-Archives
Facebook

20190402s - 5
Ancient Death - Oda a la obscuridad CD 1500円
エクアドル Tanatofobia Productions
もうちょっとハーシュな音作りだと、シケシケの南米ブラックメタルと言っていいんだけど、そこまでシケシケではなく、若干グダグダ感というほどじゃ無いけどドロリとした感じの南米ブラックメタルです。
これは2016年の1stフルアルバム。
やはり南米という先入観もあるからか、Nebirosとかに近いかな?
遅めの曲はやはりそういう感じしますね、速い曲はまた違うけど。
ラストはMayhemのFuneral Fogで〆てるのを見ると、意図としてはMayhemみたいなブラックメタルなのかも。
限定300枚だし、中々ムチャクチャなので南米マニアは要チェック。
@Metal-Archives
Facebook

20190402s - 3
Lucifera - Sed de venganza & Legiones de metal CD 1500円
コロンビア Tanatofobia Productions
タイトル的に最初のデモと次のEP音源と思ったら、それを再録音したもののようです。
EPはLegion of Deathのリリースでした。
最新のアルバムはDunkelheitから出てるようですね。
少々ハーシュなボーカルと、ガニ股ガッツポーズが似合いそうなこの感触、フィンランドのFlameとかそういうブラック・デスラッシュです。
しかしボーカルはスペイン語で歌ってるので、そこに南米という魔法が加わっています。
これは漢ですね〜、大人ですね〜、お子ちゃまにはハードル高いかもしれませんね〜!
激渋ブラック・デスラッシュ/メタル!!!!!!
@Metal-Archives
Facebook

20190402s - 1
Horacle - A Wicked Procession MCD 1200円
ベルギー Dying Victims Productions
これはデモに続く2013年のミニアルバム、29分収録でフルアルバムでもいいじゃん?と思ったけど、5曲目のカバーはジャケに記載の無いシークレットトラックです。
この後2015年にアルバム出してるようですが、もう解散しちゃってるみたいですね。
アイアン・メイデン直系のストレートかつトラディショナルなヘヴィメタルです。
ただ今のバンドらしくなーんとなく匂いがスピードメタル寄りといいますか、スラッシュ/デス/ブラックメタルから2週も3周もしてやっぱりこういうメタルでしょ!という感触があります。
でも、結構演奏もボーカルもメイデンなのに、なんで最後のカバー曲はジューダスなんだろ?
@Metal-Archives
Facebook
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dthrash.blog.fc2.com/tb.php/434-bba30cb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)