fc2ブログ

Deathrash Armageddon お知らせ/新入荷他

Deathrash Armageddon(レーベル)のお知らせ、新入荷/再入荷情報他をアップしていきます。

新入荷!!!!!! AreaDeath Prod便!!!! 

20201206-4.jpg
Germ Bomb - Under A Fading Sun CD 1600円
スウェーデン AreaDeath Productions
2015年3rdアルバム
いいんですね、これが!
実は大好きなバンドです。
いわゆるメタルパンクという感じで紹介されることが多くて、もしかしたらジャケットのカラフルさもあってもっとパーティ的な感じと思ってる方もいるかもしれませんが、実は狙ってるとこはメッチャ渋いとこ突いてます。
サウンドが似てるわけではないので、あんまり名前を出されませんが、TANKに漂う大人のコクみたいなものが核になってる気がします。
細かいサブジャンル分けとか、何に似てるとかじゃなくて、素直に内容が楽しめるいいバンドです。
GBGということで若干そこもポインツアップですしね。
速くない曲もシビーのは、実力の証拠です。
Facebook
@Metal-Archives

20201206-5.jpg
Necroabbot - Hell Torment CD 1600円
台湾 AreaDeath Productions
今まで台湾のバンドということで、ちらほらネットで聴いたことはありましたが、Deathrash Armageddon的にはアンテナに反応するものは
まだありませんでしたが、これはAreaDeathのリリースだし、入荷させてみました!
Death Metal/Crust、デスメタルクラスト的なものは正直積極的に取り扱いをする部分ではないですが、
アルバムを聴いてライブはおそらくかなり爆ノリできるんじゃない!?と思っちゃいました。
いわゆる90’s-2000以降のダイナミック系D-beatの重いやつで、こういうのってやっぱ体が反応しちゃうんですよね。
Bastard Priestをもっとダイナミック系D-Beatにした感じと言ってもいいかなと思います。
Facebook
@Metal-Archives

20201206-12.jpg
Nunslaughter - Open The Gates 3枚組CD 3500円
アメリカ AreaDeath Productions
1985〜1999の音源を集めた3枚組CD!
収録内容は:
Disc 1:
Tracks 1-4 from the Death Sentence demo
Tracks 5-8 from the Ritual of Darkness demo
Tracks 9-10 from the unmixed Ritual two track demo
Tracks 11-16 from the Rotting Christ demo
Tracks 17-19 are Rotting Christ raw tracks
Track 20 is an unreleased demo
Tracks 21-29 from the Impale the Soul of Christ on the Inverted Cross of Death demo
Tracks 30-31 are Impale the Soul unmixed tracks

Disc 2:
Track 1 is from Lucifer 91
Tracks 2-4 from Rehearsal October 10th, 1991
Track 5 is an unreleased demo from 1991
Track 6 is an unreleased demo from 1992
Tracks 7-11 are the Guts of Christ demo
Tracks 12-14 are a rehearsal demo from June 23, 1991
Tracks 15-21 from the Face of Evil demo
Tracks 22-29 from the Face of Evil rehearsal demo

Disc 3:
Tracks 1-11 are a rehearsal from January 1, 1997
Tracks 12-14 from the Evil Speaks demo
Track 15 is an unreleased alternate take
Tracks 16-31 are a rehearsal from May 4, 1999

Facebook
@Metal-Archives

20201206-1.jpg
Death Angels - Noite Negra CD 1600円
ブラジル AreaDeath Productions
唯一の音源である84年のデモをCD化したもので、音は悪いし、チューニングは狂ってる、演奏もボーカルもデタラメ、
これはもうカルト!としか言いようのないブツです!
metal-archivesでボーカル/ベースのNelsonさんはNew York Against the Belzebuのメンバーでもあったようだけど、
そこからdiscogsで追っかけるとRottenness RecordsのオーナーのNelsonさんなのかな?
ブラジルと言っても、おそらくCogumelon系までしか行ってなかったら、理解不能でしょう。
Ulsterとか近年ビニール化されたRuidos Absurdosみたいなのまで守備範囲な方は、ジャケのカラフルさに惑わされずにコレクションに差しときましょう!
@Metal-Archives

20201206-6.jpg
Barbatos - Let's Fucking Die! CD 1600円
日本 AreaDeath Productions
2006年4thアルバム!
Facebook
@Metal-Archives

20201206-7.jpg
Barbatos - Rocking Metal Motherfucker CD 1600円
日本 AreaDeath Productions
2003年2ndアルバム!
Facebook
@Metal-Archives

20201206-8.jpg
Dorsal Atlantica - Antes do Fim CD 1600円
ブラジル AreaDeath Productions
86年1stアルバム!
ボーナストラックとして86年のライブ音源7曲(2会場)が追加されておりまっす!
Cogumelo系じゃないので、近年の例えばSarcofagoとかHolocausto云々の流れではあんまり名前が出てこないバンドですね。
もうちょっとスラッシュとかマイナーメタル界隈の方が通りがいいかな?
86年はSepulturaのMorbid Visionsがリリースされた年です。
でも、このバンドは最初のデモが82年だし、Metalmorphoseとのsplitが85年ですからネェ〜!
このアルバムはギターがスラッシュ、もっというとメタリカ以降の音みたいにダイナミックな音じゃなくて、刻みのとこもチョリチョリなんですよ。
ドラムのチタチタ感は90年代中盤までの南米の感触ですね。
RDPの2ndとかにも近い印象を受けますが、それも同86年。面白いですね〜!
今となっては大御所バンドですが、これはもう南米カルトメタル、ど真ん中でっす!!
これを再発するとは、ヤルなAreaDeath!
Facebook
@Metal-Archives

20201206-9.jpg
Dorsal Atlantica - Dividir & Conquistar CD 1600円
ブラジル AreaDeath Productions/Xmusick
88年2ndアルバム!
ん?オリジナルLPは8曲入り、そんでこれは15曲入りでそのうち2曲はリハ音源、それ以外の5曲は何の音源か記載無し?
曲目的にはVictory 7’やCheap Tapesとも一部カブるけど、これ違いますよね?
なんかスゲーファズった感触のスピードメタルで、2ndアルバム本編よりかっこいいんですけど?
1stアルバムよりちょっとスピードが増したのは時代だろうし、その分ちょいクロスオーバー感が強くなっていますが、
2ndアルバムは基本的には1stの延長線上と言っていいでしょう。
余談ですが、昔々ビニールジャパンの放出に開店前から並んだにもかかわらずお目当てのものが買えず、しょうがないから高くなかったCheap Tapes from Divide and ConquerのLPを買ったんだけど、期待したようなCogumeloのバンドみたいなのじゃなくてガッカリしたことがありました(笑)
でも、今、1stや2nd、Metalmorphoseとのsplitなども踏まえて聴くと、初期からの変化も全然楽しめますねェ〜!
Facebook
@Metal-Archives

20201206-10.jpg
Abhorrent - History of the World's End 2枚組CD 2000円
チリ AreaDeath Productions/Xmusick
2000年以前の音源を収録した2枚組で、かなりお腹いっぱいになります。
ちょっとテクニカルというか手数の多い弦楽器隊で、
92年のデモは時代もあってか感触はかなりザラついています。
Christianicide demoなんかは中々ブチ切れたテンションと録音です。
当時テープだけだったようですが、96年の1stアルバムはそこから若干整合性も出てきて重心も下がってますね。
Deathrash Armageddonをチェックしてもらってる方にはテクニカルメタルすぎるだろうけど、テクニカルデス/スラッシュみたいなのを聴いてる方はスペイン語ボーカルやデモのブチ切れ具合がちょっとつらいかも?という中々誰に向けてプッシュしていいかわからない感じです(笑)
その辺を面白がれる上級者にオススメしときましょう!

Disc 1
Tracks 1-2: Advance Tape (1992)
Tracks 3-8: Christianicide demo (1992)
Tracks 9-14: Start Point album (1996)

Disc 2
Tracks 1-10: Live & rehearsal 1989-1999

@Metal-Archives

20201206-11.jpg
Natas - DeathCore 1985-1993 2枚組CD 2000円
アメリカ AreaDeath Productions/Xmusick
あー、そうですかー!
Natas = Not Usかー!Not UsってあのWild RagsからLP出してたアレですね。
初期はNatas名義で、Wild RagsからのLP以降Not Usでいいのかな?
そんでギターの方は、デモ以前の最初期Masterのメンバーなんですね。
いわゆるスラッシュというかクロスオーバーなんですが、ファニーな感触やパーティ的なものは無くて、
今聴いてもやっぱりちゃんとかっこいいなぁ!結構骨太で、Masterの名前が出るのも頷けるようなリフワークや曲も有りますね!
LPは単独再発してないんですね。でも、このCDに丸ごと入ってるのでご安心下さい。
そんで興味深いのはデモ音源ですよ、85年や86年のはDeathcoreというタイトルも頷けるようなちょっとNecrophagiaとMasterをハイブリットさせたようなスタイルが核になっていて、それでその後にあのLP!?
まぁ流れと言えばそうですね
そんで面白いのはLPの後(ですよね?)、No One Gets Out Aliveでもっともっとアメハー寄りになって、その後のWild rangs compではさらにもっとパンクロックまで接近しているのが面白いですね〜!
89年のデモ音源やWild Rags comp期のスタイルはwelcome to 1984とかPeace、Cleanse The Bacteria辺りに入ってても違和感無いんじゃないですか?
タイトルやジャケットで迷うかもしれないけど、80’sハードコア好きにもガッツリオススメ出来る内容でっす!

CD 1:
Tracks 1-9: "Think What You Want" LP, 1989.
Tracks 10-22: "No One Gets Out Alive" Demo, 1989.

CD 2:
Tracks 1-7: "Outcast of Society" Demo, 1985.
Tracks 8-13: "Internal Damnation" Demo, 1986.
Tracks 14-17: "Wild Rags Limited Edition" Split, 1990.

@Metal-Archives

20201206-2.jpg
Dismantle - Enter The Forbidden CD 1600円
アメリカ AreaDeath Productions/Xmusick
2012年2ndアルバム
Facebook
@Metal-Archives

20201206-3.jpg
New York Against The Belzebu - Esfiha Bombs CD 1300円
ブラジル Thanatopsis Records/Xmusick
Facebook
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dthrash.blog.fc2.com/tb.php/520-43e89fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)