fc2ブログ

Deathrash Armageddon お知らせ/新入荷他

Deathrash Armageddon(レーベル)のお知らせ、新入荷/再入荷情報他をアップしていきます。

新入荷!!!! Maledictum - Sempiterno デジパックCD他 

20210606-1.jpg
Maledictum - Sempiterno デジパックCD 1800円
チリ Minche Mapu Records
はい来た、ドーン!
非常にいい入荷でっす!
Maledictumは7’インチもその前のもクッッッッッソかっこよかったので、絶対入れたかったというか自分用にもどうしても欲しかった!
ザラッザラの南米ブラックケンド・デスラッシュなのに、どうにも一筋縄にはいかないこのスタイルです
アヴァンギャルド、う〜ん、今回のブックレットのアートワークを見るとコズミックな感じも狙ってるのか、サイキックという言葉もよぎる複雑さだけど、
もうとにかくわけわかんないリフやストップ&ゴー!が大盛り、だけど核がザラザラの南米ブラックケンド・デスラッシュだからこれが全然聴けるというか、
とにかくメチャクチャにかっこいいっ!
こんなもん、サポートメンバーでギター弾いてくれとか、ベース弾いてくれと言われても絶対曲が覚えらんないわ!と勝手な妄想してしまうキテレツ具合!
全く意味わかんないうちに頭がぽわ〜ん!としてたら終わってしまうような魔法をかけられてるような一枚でっす!
しかしアヴァンギャルド?、複雑?ちょっとパスかな?と思ったあなたにこそ聴いてほしいザラザラの極悪具合!
この最高の一品、ぜひご賞味あれ!
@Metal-Archives
Facebook


20210606-2.jpg
Evil Damn / Toxic Holocaust - Blasphemy, Mayhem, War CD 1600円
ペルー/アメリカ Warhymns Records
あれ?おい、おい、どーした!?
トレードリストにこれが出てきて、おー!Blasphemy, Mayhem, War CDって再プレスしたのか!?
中々渋い所を再プレスしたな、たとえEvil Damnが1stデモの使い回しだとしても!と思ってたら、
なぜか以前のプレスではChainsaw Killerも含めた3 way splitが、Evil Damn / Toxic Holocaustだけになっています。
まぁもこうやって出ちゃってるし、届いちゃってるからしょーがないんだけど、
若干腑に落ちないですよね(笑)
Goat Semenは関連バンドも含めて集めてやるぜ、コノヤロー!という方や、Toxic Holocaustを集めてる方向けと
なってしまいますが、内容は自体はいいので前回のプレスは持ってないという方はとりあえずこれで押さえましょう!
@Metal-Archives
@Metal-Archives
Facebook

20210606-3.jpg
Lord Vader - Goliath CD 1600円
ポーランド Warhymns Records
東欧トラディショナル・メタルということで、守備範囲外なのですが頑張ってみます。
えーと、どれどれ、まず80年にFatumという名前で結成するも、同名バンドとの混同を避けるため、84年にLord Vaderに改名。
86年にTonpressからシングルが1枚出ていますが、少々いい値段するようです。
このシングルは再発もされていないようで、Youtubeにも無いですね
う〜ん、コレクション欲をそそるアイテムですね!
で、このCDは16曲中13曲が80年代の録音で、3曲が2001年の録音となっています。
元々ドイツのKarthago Recordsからリリースされたものの、Warhymns Records盤ということになるんだと思います。

まず1-8は86年のラジオ局スタジオでの録音で、おそらくラジオ放送に使われたのかな?
ヒステリックなくらいに性急なリフとポーランド語で歌う激アツなボーカルが、思わず感涙ガッツポーズ!なヘヴィメタルで、
これは燃えますねっ!!
ちょっと面白いなと思ったのはmetal-archivesの解説でMetallicaの名前が出てるんですが、あー、そういえばちょっとジャキっとした感覚が
ブラジルのStressを思わせるかな?
もちろんStressよりももっとユーロトラディショナル〜東欧な香りは強いですけどね

9-13はまだFatumと名乗っていた時代の83年で、これもラジオ局スタジオでの録音。
86年のはわずかなりとも音楽的な幅をどうにか広げようという意図が感じられたけど、この83年のはとにかくピュア!
NWOBHMからの影響も86年の録音よりも強いですね
音質的にはやっぱりギターがファズっぽかったりするけど、さすがラジオ局スタジオということでクリアです
やっぱり録音はしとくもの、写真は撮っとくものです
う〜ん、これはかなりイイですね!

14-16は2001年、おそらくこの編集盤がリリースされるという事に合わせての録音なのかな?
でも楽曲自体は87年に描かれたもののようです。
録音や機材が進歩してるのが出だしからわかりますが、基本的には全然変わっていません
その後の活動というかリリースは無いようですが、この感じでニューアルバム作っても全然かっこいい東欧メタルですね

@Metal-Archives
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dthrash.blog.fc2.com/tb.php/551-bafd3b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)