fc2ブログ

Deathrash Armageddon お知らせ/新入荷他

Deathrash Armageddon(レーベル)のお知らせ、新入荷/再入荷情報他をアップしていきます。

新入荷!!!! The Meads of Asphodel、The Wolves of Avalon 

20211209-3.jpg
The Meads of Asphodel - Sonderkommando CD 1600円
イギリス Godreah Records
オリジナルは2013年にCandlelightからリリースされた5thアルバムですが、これはメンバー自身のGodreah Records盤でジャケが変わっています
ん?オリジナルは12曲入り?
これはボーナストラックが2曲追加されてて14曲入り、なのですが収録時間が79分強、ほぼ80分収録という度が過ぎた親切盤で、
うちではイケましたがプレーヤーによっては再生どうでしょう?
数あるThe Meads of Asphodelのリリースの中でも日本で知名度が高いのはMayhemとのsplitと、このSonderkommandoでしょうか?
このアルバムは内容の良さも有りますが、なんといってもSighのMirai氏とAmebixのBaronが各1曲づつ参加しているのが大きいでしょう!
ペイガン方面に振れたエクスペリメンタルブラックと言っていいと思いますが、この複雑な展開や壮大な世界観はプログレというキーワードを出した方が伝わりやすいかも?
私も含めた一部の方はBaronの参加が気になりすぎると思いますので、ちょっとだけ整理すると、このアルバムの録音が2011年12月-2012年12月で、それをAmebixに当てはめてみるとSonic Massの発売が2011年なのです、はい。
ただ元々The Meads of AsphodelのボーカリストMetatronさんと、Sonic Mass期のBaronの声が似てるので、その曲を聴いてもそこまであー!Baronだ!とはならないかもしれません(笑)
ただAmebixのメンバーが他に参加しているというのもあんまり聞かないので、No God No Masterの人はこれもコレクションに差しておきたいですね
@Metal-Archives
Facebook

20211209-1.jpg
The Meads of Asphodel/ Rethro - Imperial East-West Onslaught CD 1600円
イギリス/中国 Godreah Records
先攻はThe Meads of Asphodel、これも深い!
全部聴いてるわけではないThe Meads of Asphodelだけど、聴いた中ではこれが一番好きかも?
かなり感覚的な感想ですけど
エクスペリメンタルでどこを掴んでいいかわからない部分もあるんだけど、これは比較的流れがいいんだと思うなぁ
中国のRethroは近年のバンドだけど、ボーカルのハーシュさとか、激しさとアトモスフェリックなバランスが90年代のブラックメタルのようにも聴こえます
これまた凄い組み合わせで、まぁレーベルというかThe Meads of Asphodelの懐の深さが際立ちます
The Meads of Asphodel@Metal-Archives
The Meads of Asphodel Facebook
Rethro@Metal-Archives

20211209-2.jpg
The Meads Asphodel/ Forefather - English Steel split CD 1600円
イギリス/イギリス Godreah Records
先攻は自らアングロサクソン・メタルを名乗るらしいForefatherから
Folearthのメンバー二人のバンドのようです
1999年から7枚もアルバムを出していますが、すいません、未チェックのバンドでした
一般的にざっくり言うとペイガンメタル/ヴァイキングメタルということでしょう
The Meads Asphodelは霧が立ち込めていますね!
しかし核を維持しながらのキテレツさは天下一品です、Desasterのカバーはわかりますが、The Saints、Sham69、そしてなんとCandi Statonのカバーまで完璧に調理してしまいます
このCandi Statonのカバーは女性ボーカルバージョンと、Metatron氏のデモバージョンも収録されていて、この対比もものすごく面白いです
Sham69のカバーはENTもカバーした曲ですが、何となく猥雑さというかそういう部分ではChaos UKのイギリス的センスを思い起こすし、
消化の見事さはThe Saintsのカバーでしょうか?
https://www.facebook.com/forefatherofficial/ The Meads of Asphodel@Metal-Archives
The Meads of Asphodel Facebook
@Metal-Archives
Facebook

20211209-5.jpg
The Wolves of Avalon - Boudicca's Last stand CD 1600円
イギリス Godreah Records
The Meads of Asphodelのボーカル他メンバーによるペイガンメタルバンド、The Wolves of Avalonの2014年2ndアルバム
ざっくり言うとペイガンメタルなんですが、正直日本人にはハードル高いですよね
マンドラやフィドル(も入ってますよね?)などを導入したやつで、これで笛がピロピロのやつだったらもう入荷させなかったけど、
そういうのじゃないし、これは色々別の楽しみ方があるはずだという自己暗示して入れてみました
アコースティック楽器によるペイガンパート以外は近代のペイガンメタル/ヘヴィロックなのですが、これがだからThe Wolves of Avalon→ Meads Asphodelという流れなんだから、やっぱり復活以降のAmebixとか、まぁちょっと違うけど比較という意味ではParadise Lostなんかとも対比させて聴いてみると面白いです
デカい音で聴きたい一枚です
Enslavedのカバーも収録!
@Metal-Archives
Facebook

20211209-4.jpg
The Wolves of Avalon - Across Corpses Grey CD 1600円
イギリス Godreah Records
The Meads of Asphodelのボーカル他メンバーによるペイガンメタルバンド、The Wolves of Avalonの2016年3rdアルバム
タイトルトラックが約30分の長尺トラックで、その他にNokturnal MortumとVenomのカバーを収録。
出だしは前作よりペイガン色強め?音もかなりキレイで、ちょっとさらにハードル上がってるのか?と思いましたが、
ギターがドーン!と入ってくると、見事!の一言で、完全にその世界に引き込まれます!
もうプレグレというかオペラというか、そっか叙事詩のような重厚な世界観が圧巻です
カバー曲の消化の仕方も好みはあると思いますが、完全にキレイな1本が決まっています!
@Metal-Archives
Facebook
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dthrash.blog.fc2.com/tb.php/586-cac89a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)